無料カードリーディング

一番幸せな人生へシフトするために
今一番必要なことをお伝えしています。

メッセージを受け取る

第一章 人生の終わり〜5.生まれる前に決めること〜

天国からの手紙

 

◀︎第一章 人生の終わり〜4.パラレルワールド〜

「そうなのです。ここに出したのは、一つのファイルに過ぎません。 もっともっと膨大な地図があなたには用意されていました。もし、気になるならお見せしますが、本当に膨大な数ですよ。なにせ、あなたが宿る体の候補がたくさんあって、その全ての体の分の運命の地図ですから。生まれる前にどの体にするのかあなたは選んだのです。あなたがその体を選んだと同時に、他の体の運命の地図は不要になるので別ファイルで保管されました。今ここに出したのは、あなたが選んだその体で生きる人生のために用意された運命の地図ということです。」
「違う体で生きる運命の地図があるの? それは、すっごく興味があるんだけど! ということは、もっとスタイル良く、もっと美人に生まれてくる運命の地図もあったっていうこと?」
「はい。でもあなたは、それを選びませんでした。あなたのこの人生での目的を果たすためには、今の体が必要だったからです。もし、その目的のためにハンディが必要だったなら、あなたはきっとハンディのある体を選んでいたでしょう。」
「わざわざ、そんなハンディを選ぶ人がいるの?」
「はい。いますよ。人生の目的にそれが必要なら、あなたもきっと選ぶはずです。でも、体が違うということは、DNAが違うということです。ということは、当然のことですが父親と母親も違います。」
「じゃあ、生まれてくる前にこの人生での目的に合わせて身体を選び、親も選んできたということ? 」
「そういうことです。通常は、目的のために体を先に選ぶので両親も自動的に決まってくるのですが、ときには命の約束があって両親を先に決める場合もあります。両親を先に選んでその両親のもとに生まれるために体を選ぶのです。どちらにしても、体が決まった時点で、運命の地図が絞られます。ここに出した運命の地図に・・・。」
「なるほど・・・。私は何か目的があってこの体を選んだということね?じゃあ、 その目的は、誰が決めるの? 自分? 神さま? 」
「それはすごくいい質問です。あなたはその目的を神様と一緒に決めました。いわゆる『人生の目的』と呼ばれるものです。ほとんどすべての人がその目的を生まれたときに忘れてしまいます。でも、その目的を果たすために、全ての運命の地図は作られているので、どの運命の地図を生きようとその目的が果たされないことはありません。」
「そう、それならよかった。生きている時に、その人生の目的とやらを見つけなきゃ、なんだか人生を無駄にしたんじゃないかと思ったからそれを聞いて安心した。」
「そうです。何も心配する必要はありません。どの地図を生きようと、あなたが生きて体験したこと、実現したこと、気づいたこと、学んだんこと、感じたこと、その全てがその目的につながっています。やりたいからやって、行きたいから行って、会いたいから会って、学びたいから学んで、遊びたいから遊んで・・・。それで良いのです。あなたは深いところでは全てを知っていて、その人生の目的をちゃんと覚えています。だから、知らないうちにちゃんと必要な道を歩いているんです。私たちもそれを全力でサポートしていますしね。それにほら、今こうやって人生の終わりを迎えようとしているあなたが望む未来のために地図を選んで過去のあなたを導こうとしています。その導きはあなたの心に語りかけられたものです。だから、自分の中からやってくる答えを大切に道を選んで、選択して、行動していたら、望む人生を歩むことができるし、ちゃんと目的は果たせるのです。『人生の目的を果たすために』その目的を探し回る必要はないし、その目的を果たすために自分を犠牲にして生きなくてもいいんですよ。あなたがあなたの心にただ忠実に生きていれば、人生の目的は自ずと果たされる。どの運命の地図も、そう創られているんです。大切なのは、自分を信頼して魂の声に従って生きることです。」
私と彼女は、いつの間にか話に夢中になっていた。気づけば二人の叔母の姿は消え、森の中の美しい湖の辺りに二人で座っていた。地面に散らばった運命の地図の中から、最初の一枚を探し出して手にした私は、いよいよ本題へと入ることにした。

 

▶︎第1章 人生の終わり〜6.死の選択〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました