母のことをカミングアウト

おはようございます。

 

最幸の人生をプロデュースする
メンタル・チャクラコーチ
大津真美です。

 

今日は、濃いです。

興味がない方は、スルーしてくださいませ♪

 

ここ最近、母親とのことで深く傷つき、

分かり合えなくて、悲しい思いをしている方のセッションを

立て続けにさせていただきました。

 

きっと、自分の中に残っている感情ともかぶっているのだろうと思い、

振り返ってみることにしました。

 

(クライアントさんは、自分の鏡だと思っているので、

同じようなことで、悩んでいたり苦しんでいる方のセッションをしたときは、

自分のことを振り返るようにしています。

私が見ないようにしていたものを、みなさんが教えてくれているのだと思うので。)

 

なので、今日は、亡き母とのことをカミングアウトしますね。

重いの、嫌だ~っていう方は、今すぐこのページをとじてください。

 

でも、女性にとって母親との関係って、

永遠のテーマだったりするので、

いろんな感情が蘇ってくるでしょうが、

その感情とともに一緒に読みすすめてもらえると嬉しいです。

 

私の母は、とても厳しくヒステリックで、「ちゃんとした」母でした。

(外では多分優しい母っぽかったと思います)

例に漏れず、私も母に、

「いい子いい子」して欲しかったですし、

「ハグ」して欲しかったですし、

「認めて」もらいたかったですし、

「受け入れてもらいたかった」ですし、

「わかってもらいたかった」です。

 

母は、とても心配症で、いつも私の心配をしていました。

私は、とても幸せだったけれど、

母の描く幸せ像と違ったから、すごく心配だったのだと思います。

今でも、「期待に添えずごめんなさい」って思うことがよくあります。

 

福山さんの「誕生日には白い百合を」という歌、ご存知ですか?

あの歌で、号泣しちゃう私です。

 

「認める言葉もないまま、会えなくなるなんて・・・」っていうフレーズで・・・。

 

さみしい想いも、愛おしい思いも、大好きだって思いも、ありがとうの思いも、

認めて欲しかったっていう思いも、なんでハグしてくれんかったと!っていう怒りも、

多分、いっぱい残っています。

 

そして、もう、母はいないので、

母との関係を修復することはできません。もう。

母を責めることも、母に認めてもらうことも、母にありがとうということも

もう、私にはできません。

それはずっと私の中に残ると思うんです。

 

でもですね、残ってていいんじゃないかなって思うのです。

それって。

 

それを、自分で「よしよし」しながら、あの手この手で癒しながら、

ウエ~~~~んって時々泣きながら、

人ってですね、それでも前に進めると思うんです。

それでも、人って幸せになれるんだと思うんです。

それでも、人は人を愛せるし、夢は叶えられるし、

自分の人生の主役を思いっきり生きれると思うんです。

 

それは、強さとかそういうのじゃなくて、

性格とかそういうのでもなくて、

 

傷ついていること、許せないこと・・・と

自分の人生を放棄すること、

人生を諦めること

人生を不幸にしてしまうこと

とは、別だということです。

 

ところが、

 

それが「癒されない」と私は幸せになれない。という思い込み

それが「許せない」と私は楽にならない。という思い込み

それが「認められない」と「受け入れられない」と前に進めない。という思い込み

 

が、私たちの中にはあります。

 

実はそれが、強力な「被害者意識」を作り出しています

そして、「されたこと」「言われたこと」の呪縛を自分で自分にかけて

ものすごい不幸な世界を作り出しています。

 

なぜでしょう?

 

実は、人ってですね、

なぜか、幸せになるのが怖いんです。

なぜか、成功するのが怖いんです。

なぜか、愛されるのが怖いんです。

なぜか、お金持ちになるのが怖いんです。

なぜか、ここに存在すること自体が怖いんです。

 

きっと、DNAの中にそんな情報が、

た~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ンと詰まってるんだと思います。

きっと、魂の情報の中に、そんな情報が、

た~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~んと溜まってるんだと思います。

 

そのために、人は非常に自虐的になります。

 

だから、

人は、油断していると、

自分を不幸な方へ、不幸な方へと連れて行きます。

 

そして、自分は無力で、かわいそうで、

弱いということを証明しようとします。

 

生きている以上、

人に傷つけられないことはないし、

人を傷つけずに生きることだって出来ないのに、

つまり、お互い様なんですけど、

「されたこと」「言われたこと」にフォーカスしていくんです。

 

そうやって、傷や痛みを心に刻んでいきます。

心に刻む言葉をキャッチし、そういう言葉を発する人を引き寄せます。

または、そう言う言葉を大切な人、大好きな人、愛している人に

「言わせます」

で、「ほらね、やっぱり・・・。」って、確認するんです。

 

このループから出るための方法は、たった一つ。

 

全細胞に、魂に、全身全霊で

「幸せになっても大丈夫だよ~~~~~~~~~~」って、

言ってあげるしかありません。

 

何度も何度も、声に出して。

 

 

痛み・・・感じてあげてください。

悲しみ・・・感じてあげてください。

怒り・・・感じてあげてください。

体の全細胞のひと騒動をちゃんと意識してあげてください。

 

そして、

「それでも、幸せになって大丈夫なんだよ」って、

声に何度も何度も出して、言ってあげてください。

 

その感情を、

前に進めない、思い通りにならない現実の原因に

しないであげてください。

(その感情が、可愛そうです。あなたではなくて)

 

痛みも悲しみも怒りも、何一つ悪くありませんから。

 

そしたら、誰も悪くないことに気づけます。

 

母は、何一つ悪くなかったし、

私も、何一つ悪くなかった。

 

母は、私のことわかってはくれなかったけど、(・・・と信じていたけど)

私も、母のこと何一つわかってませんでした。

 

幸せになっても大丈夫だよって、

自分に何度も何度も言ってあげてから、

すごく楽になった大津です。

 

悲しみも痛みもあるけど、

でも、不幸ではないのは、そのおかげだと思います。

 

人生の主役に返り咲き、最幸の人生を自分でプロデュースしていくには、

まずは、このことを自分に言って聞かせることからだと思います。

 

それが、こちらでプレゼントしているPDFでお伝えしている

ステップ1にあたります。

ぜひ、登録して、プレゼントをダウンロードし読んでみてくださいね♪

↓↓↓

 

ε=(・д・`*)ハァ…

今日は、過去最高に濃くて重かったと思いますが、

最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

 

私も新しい気づきがあって、良かったです。

 

みなさまにも何かしら

ポジティブでもネガティブでもどちらでもいいので、気づきがありますように。

 

ちなみに、

私たちが幸せであれ、不幸であれ、どうであれ、

現実世界は、全身全霊で私たちを愛してくれていますし、

全身全霊で応援してくれています。

 

最後にこのチャクラコーチングメッセージを皆様に♪

↓↓↓

メッセージもお役に立ちますように。

 

今日も、最後までありがとうございました。

 

今日もまた、素敵な一日となりますように・・・

 

最幸の人生をプロデュースする

メンタル・チャクラコーチ 大津真美

 

 

 

関連記事

  1. もっともっと自分を信じてあげるために

  2. 一歩を踏み出す勇気を奪っている「思い込み」は何?

  3. 昨日は、夢会に参加してきました(^^)

  4. 【Radio4】リミッターが外れたら・・・

  5. プロフィール写真を撮っていただきました♪

  6. 人生の主役に返り咲こう!!!

メルマガ登録

毎日配信!
500名の方にご登録頂いております♪

最幸の人生をプロデュースするメンタルレッスン
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
人生の秘密 あなたの真実

最近の記事

Follow me (ღˇᴗˇ)。o♡