自己肯定感 とは・・・?

自己肯定感を高める

 

こんにちは。

メンタルコーチ  大津真美です。

 

これまで、私は、セッションの中で、

その方が自分を認め受け入れ、愛して、自分を信じることができるように、

そして、ワクワクな人生へ一歩を踏み出せるようサポートをさせていただいてきました。

その中で、自己肯定感がすごく大切だなー。

全ての問題って、こっからきてるのかもなーと思うことが多かったで

今日は自己肯定感についてお話ししたいと思います。

 

自己肯定感とは?

「肯定」とは、その通りだと認めることです。よしよしと聞き入れること。認め許すことです。

反対語の「否定」は、それは違うそうではないと打ち消すこと、認めないことです。

自己肯定とは、私はこうですと認めること。素晴らしい、素敵な自分も、ダメダメな自分もあるがままの自分をその通りだと認め許し受け入れることです。また、どういう私であれ、今ここに生きていること、存在していることを認め許し、よしよし、と受け入れてあげることです。それは、自分を無条件に愛することや、自分を敬い大切にすることにつながります。

反対に、自己否定は、自分の素敵さを認めないこと。自分のダメダメさを認めないこと、許さないこと、受け入れないこと。です。多くの場合、私が、今ここに生きていること、存在していることに、たくさんの条件をつけていることが多く、条件を満たしていれば、◯、条件を満たしていなければ、×をつけます。それは、幼い頃からの条件づけや、親や学校社会の価値観の中で求められた条件であることが多く、実はそれが、自己否定の引き金になっています。

自分の存在をあるがまま認めることができないので、常に自分の存在に疑問を持ち、否定します。それではダメだと思っているので、罪悪感がつきまといます。自分を隠すために鎧を着て武装します。他人に指摘されようものなら、反撃するか、自爆するかです。自虐的になったり、攻撃的になります。

苦しいです。

すごく苦しくて、孤独感にも襲われます。

自分を信じられないし、人生も信じられないので、明るい未来が描けません。

自己肯定感は、どんどん低くなってしまいます。

 

自己肯定感が低いことで起こる悲劇

*自分の素敵さを受け入れられない

*ダメな自分を許せない

*人の素敵さを認められない

*人のダメなところを許せない

*いつも人と比べて落ち込む

*何か役に立っていないと、自分の存在価値を感じない

*人に頼まれたら断れない

*嫌われるのが怖い

*愛が受け取れない

*私には無理。と挑戦する前に諦めてしまう

*素直になれない

*人の幸せを喜べない

*人に頼れない

*人に頼られるのも嫌

*自分に厳しい

*人にも厳しい

*間違えたり、失敗するのが嫌だ(人に指摘されたくない)

*未来が不安でいっぱい

*今を楽しめない

*過去に縛られてしまう

*いじめられやすい

*パートナーと競い合ってしまう

*パートナーを束縛してしまう

*人に依存し過ぎる

*人に好かれようと頑張るのに、逆に嫌われる

 

これ、20代の私でした。今でも、ちょっと油断すると、このループにはまります。

当時は、自分が自分を否定していることにも気づかなかったので、頑張っているのに、仕事も恋愛もうまく行かず、空回りで、すごく落ち込みました。

でも、自己肯定感をゆっくり育てていくうちに、人生はこんな風に変わっていったのです。

 

自己肯定感が高まるとどうなるのか?

*どんどん夢を叶える人になる

*人に愛される

*幸せなパートナーシップ

*人に遠慮することなく自分の人生を生きれる

*心が穏やかになる

*安心して生きられる

*自分を思いっきり表現できる

*自分と人生を信頼できる

*自分軸で生きれる

*幸せになる

*最高の人生を創れる

*人に信頼される

*人を応援できる

*人に頼ることができる

*人に任せることができる

*人を幸せにできる

*しがらみから解放される

*自分の可能性をどんどん開いていける

*冒険を楽しめる

*人生が愛と幸せでいっぱいになる

*困難も乗り越えられる

*落ち込んでも立ち直れる

*失敗しても何度でも起き上がり、また挑戦できる

 

つまり、

人生が10倍楽しくなります!!

 

今は、お陰様で、楽しい人生を送っています。

自己肯定感が高まると人生が10倍、いや、人によってはそれ以上に楽しく幸せなものになります。

もし、もっともっと、自分らしく生きて人生を楽しみたいな。

と、思った方は、是非、自己肯定感を高めることに意識を向けてみてください。

おいおい、自己肯定感を育て高める方法についてお話ししていきますね。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。