精神科のドクターから学んだこと

エッセイ

おはようございます。

自己肯定感を高める専門家

メンタルコーチ 大津真美です。

今日は、精神科のドクターから学んだことをシェアさせて頂きます。

******************

私は、大学卒業後、精神科病院で心理士の業務をさせていただきました。

心理カウンセリング、心理検査、グループカウンセリング。

経験不足もあり、重度の慢性患者さんのお役には、ほとんど立てませんでした。

そんな時、ドクターからこう言い放たれたのです。

「この人たちは、脳の病気なの。

カウンセリングしたって幻聴や妄想が無くなることはないの。

だから、心理士がいる意味は無い。」と!

ショックでした。

確かに私は未熟で何も出来なかったけど、

病気が治ることはないかもしれないけど、

でも、心を無視することはできないはず。

心理士として無力な自分が、悔しくて悔しくて、でも何も言い返せませんでした。

そこで、私は、すぐに、もう一つの担当である精神科集中治療室のドクターのところへ行って、この想いをぶつけてみました。

そのドクターは、患者さんとのカウンセリングの時間をたくさんとるドクターで、

自分の担当の患者さんには、音楽療法などもされているちょっと変わったドクターだったんです。

彼は、こうおっしゃいました。

「確かに、この方たちは、脳の疾患だから幻聴や妄想が無くなることはないよ。

だから薬も必要。

だけど、何十年もちゃんとその人の存在を受け止めてあげてるとね、『

『死ね』とか『殺すぞ』って言う幻聴が、もっと優しい言葉に変わってくるんだよ。

だから、カウンセリングが無意味なことは絶対ない」と。

この言葉が、今の私の仕事を支えてくれています。

自己肯定感を高める専門家 メンタルコーチ 大津真美

10,853 views

大学卒業後、精神科病院重度慢性患者のための閉鎖病棟・完全個室の精神科集中治療室配属の心理士として1年半に渡りカウンセリング、心理検査に従事し、退職後はセラピ...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。