諦める言い訳を周りのせいにするのを止めると、自分の人生を取り戻せる!

ブログ

おはようございます。

自己肯定感を高める

メンタルコーチ大津真美です。

3397_18119259_1311757192234626_1202613360418422187_n

今日もブログを開いてくださり、ありがとうございます。

今日のテーマは、こちらです。

↓↓

諦める言い訳を周りのせいにするのを止めると、自分の人生を取り戻せる!

 

やりたいな、行きたいなと思ったけど、それを諦める時、どんな理由付けをしていますか?

自分が何を言い訳にしていろんなことを諦めているかを知るのは、とても大切です。

なぜなら、その言い訳が、今の現状を作り出しているからです。

例えば、いつも、何かを諦める理由が、お金の方は、本当に気をつけてみてください。

お金がないから、〇〇できない。

これが口癖の方は、本当にそんな状況を作ってしまいます。

 

もし、お金がないことが理由の時は、

「まだ、私が本気じゃなかったからだ。だから、お金の準備が間に合わなかった。」って、言います。

 

「まだ、そのタイミングじゃなかったから。」っていうのは、

どんどんタイミングを逃してしまって、運まで逃してしまうかもしれないので、要注意です。

 

やっぱり、「私が本気じゃなかったからだ。」っていうのが一番かな。と思います。

ほとんどの場合、それが真実ですしね。

 

あと、時間がないから。っていう理由をつけると、

忙しさは、あなたを離してくれず、

自由は、どんどん、あなたから離れていきます。

 

同じように、子どもが・・・旦那が・・・って言ってると、

子どもも、旦那さんも、どんどんあなたを縛ります。

あなたを離してくれなくなります。

 

またまた、同じように、歳のせいで・・・とか、病気のせいで・・・とか、体がこうだから・・・って言ってると、

歳も、病気も、体も、あなたをどんどん縛って、

諦める理由になってくれます。

そう、「諦める理由になってくれる」のです。

周りのせいにしておけば、「仕方なく」諦めざるを得なかった。ので、やらなかった自分、できなかった自分と向き合わなくてすみます。

それなら、それでもいいのですが、それを続けていると、心のどこかに自分は犠牲者で、自分の人生は、自分では、どうにもならない。という思い込みができてしまって、自分らしい人生からは、どんどん離れていってしまいます。

だけど、諦める言い訳を、自分自身にすると、自分の人生への責任が、自分に戻ってきます。

すると、対処法も、助けも、運も、自分に戻ってくるので、道が拓けます。

 

諦める時の言い訳を、

私が、本気で決めてなかったからだ。

私が、それを選んだからだ。

私が、そうしたかったからだ。

ただ、そう自分自身に言うだけ。

 

結構簡単です。

とりあえず、言い訳をするときは、周りのせいにしない。

自分のせいにして、自分を許して、受け止めた上で、ちゃんと聞いてあげる。

 

なぜ、決めれないの?

なぜ、やりたくないの?

なぜ、本気になれないの?

 

そしたら、きっと自分自身のいろんな声が聞こえてくるはずです。

 

不安だから。

怖いから。

本当は、これがしたいから。

本当は、やりたくないから。

本当は・・・

 

それを拾ってあげることが一番大切です。

そして、じゃあ、どうする?

って、自分のためにあれやこれや、試行錯誤してあげることが、できます。

 

癒しが必要なら、癒してあげて、

叱咤激励が必要なら、叱咤激励してあげて、

対策が必要なら、対策を考えてあげる。

 

きっと、どんどん人生があなたのものになってくるはずです。

 

そして、どんどん楽しくなるはず。

 自分の人生を生きるって、そういうことかなと思います。

そして、それが、自分を大切にする事なのだと思うのです。

きっとそうやって、自分を大切にしていたら、

お金も、時間も、運も、家族も、みんな、

私たちに協力してくれるようになります。

て言うか、いつも協力してくれてるんですけど、

それを素直に受け取って、自分自身に許可を出せて、一歩を踏み出せるようになるのです。

自分生きレッスン

諦める言いわけを周りのせいにするのをやめよう。

 

 

 

自己肯定感を高める専門家 メンタルコーチ 大津真美

12,465 views

大学卒業後、精神科病院重度慢性患者のための閉鎖病棟・完全個室の精神科集中治療室配属の心理士として1年半に渡りカウンセリング、心理検査に従事し、退職後はセラピ...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。